同好会活動

郷土史文化同好会
幕末・維新の史跡を巡る-鹿児島
2015年01月11日 (日曜日) 08:00
郷土史文化同好会
京都遠征歴史探訪会に行って参りました!
2013年03月16日 (土曜日) 08:00
野球同好会
3勝目ならず
2012年03月24日 (土曜日) 16:31
郷土史文化同好会
「鷲羽山・下津井」歴史探訪報告
2009年09月13日 (日曜日) 08:00

7

<<

2017

>>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

2013年
316日 土曜日 

郷土史文化同好会

京都遠征歴史探訪会に行って参りました!

明治天皇伏見桃山陵にて

 去る3月16日・17日、京都へ遠征歴史探訪会に出かけて参りました。遠征歴史探訪会は、前年度(2011年9月)の奈良(明日香・斑鳩)以来、およそ一年半ぶりとなりましたが、行武同好会長以下22名が参加し、現在は関西方面在住の懐かしい元会員の方々(高橋さん・保崎さん・小山さん)も参加されました。今回は「幕末維新の京都を巡る」をテーマにし、昨年8月に卓話をお願いした呉港高校藤川誠先生による案内解説のもと、1泊2日で京都市中(洛中・洛東)、伏見桃山を探訪しました。
 京都駅に集合し、まず京都御苑に。閑院宮邸跡の展示室で京都御所の位置づけを確認した後、東山にある幕末維新に特化した総合博物館霊山歴史館を見学。主任学芸員木村武仁氏に新島八重にまつわる歴史講演(60分)もお願いしました。その後、宿舎(京都ガーデンパレス)に戻り、夕食では京会席料理を堪能しながら、歴史談話のみならず色んな話に花が咲いた宴となりました。
 2日目は、明治天皇伏見桃山陵を参り、そこから大阪・伏見桃山・京都の地理関係や距離感覚を実感した後、戊辰戦争(1868年)の緒戦となった鳥羽伏見の戦いが繰り広げられた(会津藩・幕府軍<伏見奉行所>と薩摩藩・新政軍<御香宮神社>)現場を探訪。御香宮神社では小堀遠州作石庭を前に、宮司さんが都の戦禍に巻き込まれずに生き抜く(?)ための「京で生きる術」を軽妙な語り口でお話し下さいました。その後、龍馬暗殺の寺田屋事件があったとされる史跡寺田屋(実際の寺田屋は焼失)、月桂冠大倉記念館で酒蔵見学と利き酒。昼食は、店表の格子に鳥羽伏見の戦いでの銃撃戦の弾痕が残されている料亭魚三楼で京懐石を堪能しました。
 午後からは洛中に戻り、新島襄の旧邸、二条城、新撰組の屯所があった八木邸や壬生寺を探訪。八木邸は新撰組(壬生浪士組)の初代筆頭局長芹沢鴨が仲間に暗殺された場所でもあり、まさにその暗殺現場でガイドさんが当時の様子を講談さながらに楽しく語り聞かせてくれました。
今回の遠征歴史探訪会は、幕末維新のテーマに沿ったコース設定で綿密な下準備による充実した内容に加え、美味な食事でお腹も大満足の旅となりました。
 郷土史文化同好会の次のイベントは6月13日(木)に歴史講演会を予定しています。テーマは「関ヶ原の合戦」に関連するものですが、詳細が決まりましたら改めてご案内します。
<探訪コース>
1日目:<京都駅集合> 1)京都御苑 2)幕末維新ミュージアム霊山歴史館・霊山護国神社   <京都ガーデンパレス・泊>
2日目:1)明治天皇伏見桃山陵 2)御香宮神社(小堀遠州作石庭) 3)伏見奉行所跡     4)史跡寺田屋 5)月桂冠大倉記念館 <京都料亭魚三楼・昼食> 6)新島襄旧邸  7)二条城 8)新撰組壬生屯所跡八木邸 9)壬生寺(壬生塚) <京都駅解散>
                                        (報告:郷土史文化同好会 生谷武寛)

新撰組壬生塚


Posted by 事務局 at 08時00分

2017-2018年度

本日の広島東南RCの予定

2017 7/27Thursday

12:00 PM
他クラブ例会変更

これからの広島東南RCの予定

07月28日(金)12:00
他クラブ例会変更
07月31日(月)12:30
ホーム例会
07月31日(月)23:59
他クラブ例会変更

今月の予定と例会変更

ページの先頭へ戻る